スポンサードリンク

2013年09月20日

献血・節電のお願い

献血・節電のお願い



献血について

血液の輸送はできますので、献血に行ける方は行ってください。

ただ時期が集中すると、一度に使用期限が切れるので、まんべんなく来てほしいそうです。

献血間隔は通常で3ヶ月、成分献血で2週間です。
血液鮮度の関係上、呼びかけがあってからの協力が一番助かるとのことです。

(献血ルームより)



献血できる人の条件

18歳〜69歳で、体重50kg以上の方。

採血量が400mlの場合が体重50kg以上の人で、200mlの採血なら男性45Kg以上・女性40Kg以上だと赤十字血液センターのHPに載っています。

※また、65歳〜69歳の方の献血は、献血される方の健康をまず考え、60歳〜64歳の間に献血経験がある方に限っています。

出血を伴う歯科治療をされた方も、治療後3日以降であれば採取できます。

インフルエンザワクチンを接種した方は、24時間後であれば大丈夫です。

ピアスを医療機関で開けた方は1ヶ月、自分で開けた方は1年間採取出来ません。



電話


電話回線の圧迫を極力軽減するよう、重大事項以外はなるべく使用を避けるようにしてください。



節電


首都圏では午後6時〜7時に100万世帯分の電気使用量に相当する300万キロ・ワットの電力供給が不足する恐れがあると発表してます。

出来る限りの節電と準備をお願いします。

また、関西や中部圏の電力会社から関東方面へ送電を行ってますので、直接的被害のない地域の方も節電にご協力ください。

みんなで節電して、この有事を乗り切りましょう。



生活物資やガソリンの 買占めを控える


買い占めによって 被災地に物資が回らなくなる可能性 があります。本当に必要なものだけを買い、買占めは控えるようにしましょう。


| 地震対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。